ヨンマルマル

四百字詰原稿用紙一枚分の雑記

君の膵臓が食べたい

 こういう小説がベストセラーになる世界で、本当に良かった。元気が出る。
 難病御涙頂戴系の小説、ではない。まあそんな小説のジャンルがあるのかどうか、知らんけれども。とある男の子が、自分と他人と向き合って生きていくお話。恋愛小説ですら(きっと)ないのだろう。本作の一番好ましいところは、主人公とヒロインの毒舌交じりの掛け合い。これはもう「こういう会話を誰かとしたい!」という会話そのものだ。異性(あるいは想いを寄せる同性を含む)で無くてもいいぐらい、かもしれない。意味なんてまるでない言葉を交わし合い、じゃれ合い、少しだけ傷つけ合い、そして大声で笑い飛ばされたいのだ、誰しもが、きっと。
 ある意味では、とても小さな物語世界である。時間的にも空間的にも関係性的にも。けれどももちろん、物語の世界は無闇に広ければ良いわけでもない。小さな世界の中での、灯火のようなリアリティもきっと、ものすごく大事なことだ。(400字)

 

 

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

 

 

 

怒り

 原作を読了して約半年後の鑑賞、とてつもない完成度での無駄のない映像化だった。
 原作でも映画でも、好きだったのは渡辺謙宮崎あおいの親子。房総南部の鄙びた漁港に暮らすふたりは、何故だか強く印象に残った(そこに池脇千鶴が入ってくるのも憎いキャスティングだ)。描かれた3つの視点の中で、最もリアリティがあったというのはもちろんなのだけれど、「幸福」そのものに焦がれ続ける親と娘、というキャラクターに哀感を覚えてしまったのだ。歌舞伎町から特急電車で娘を連れ戻す父親、というシーンにも強く持っていかれるものがある。何だろう、言語化が難しいけれど、郷愁とかそういうものに似た、何かである気はする。
 あとは森山未來。良かったなあ。「人を見下すだけでギリ自分保ってる奴」という表現、そのままの存在感だった。黒子削ってるシーンも素敵。虚無感の権化とも言えるのか。他キャストもいちいち光っていた。とにかく贅沢な映画。(400字)

 

 

怒り

怒り

 

 

 

カサブランカ

 第二次世界大戦下、モロッコナチスから逃れてアメリカへ渡ろうとする人たちの物語。タイトルと有名な劇中のセリフだけは聞いたことがあったが、完全に初見。お芝居、セリフ、全てがとても時代がかっている。それをわざとらしく不自然に感じる……のはきっと、実際に撮映された時代が現在からはかけ離れた遠い過去だからなのだろう。とはいえ、イングリッド・バーグマンは文句無く美しい。劇中で二人の男を狂わせる美貌として、充分すぎる説得力がある。
 作中で表現されている戦時下の緊張感は、残念ながら自分には伝わりきらなかったように思う。パリ陥落の悲劇性もカサブランカの頽廃も、やはりよくわからんなあ、というのが正直な感想だ。想像の埒外というか。緊張というよりもむしろ、なんだかのんびりしているなあ、という印象の方が先に立ってしまう。面白くなかったわけではない。しかし劇中の空気にシンクロしきれなかったのは、とても残念である。(400字)

 

【追記】
 でもやっぱりフランス国歌合唱のシーンは格好良かった。ベッタベタなのかもしれないけど、純粋に良いなあと思えたシーン。あと、ナチスという言葉は出てきたけれど、鉤十字が出てこなかった気がするのは気のせいだろうか。

 

カサブランカ (字幕版)
 

 

 

HIGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY

 ハイローが在って良かった。ハイローが観れる世界線に生きていて良かった。
 2016年秋頃。きっかけは「山王連合会や鬼耶高校はまだヤンキー漫画の延長線として理解できるが、RUDE BOYSみたいな複雑な世界観もったチームまで存在するSWORD地区やばい。ゆえにハイローマジやばい。」という誰か(もう忘れた)のTweetだった。それ以降「……だったらお前は助からない」「無名街はよく燃えますね」「SWORDの祭りは達磨通せや」などのセリフがTLを乱舞。周囲が次から次へとハイロー落ちしていくのを見て、自分も同じようになるのを止めることなどできなかった。
 というわけで。ザム1とレッレが楽しかっただけに、ザム2は不安だったけれども、……全部杞憂でした! SWORDと雨宮&MUGENはもちろん、ダウトもマイティーもプリズンギャングも最高だったよ! みんなカッコいいよ! 11月の完結篇、正座して待ちます。(400字)

ダンケルク

 小島秀夫監督の映画評(要約「セリフがほとんどない。ただ逃げるだけの映画。そのシンプルな構成ゆえに素晴らしい」)を読んで、慌てて予約をして公開当日に鑑賞。IMAXで観たが、それに相応しい大作だった。
 戦争は怖い。テキストで、映像で、そのことは教えられてきたつもりだけど、あくまで「つもり」に過ぎなかったんだなあということを、昨年の『この世界の片隅に』に続いて教えられた。やっぱり戦争は怖い、死ぬのは怖い、生きて祖国へ帰りたい。ただ帰りたいのだ。臨場感溢れる銃声や爆撃の音、あるいは戦闘機の飛翔音で、観る側は生命への執着を強く掻き立てられる。
 ……しかし。全く異なる3つの時間軸のドラマが並行して進行していく構成は、難解だった。ゆえに最終的な脱出のカタルシスを感じることができなかった。これは戦争に安易なカタルシスなど存在しないことを示す演出意図なのだろうか、それとも自分の理解力が足りないのか……。(400字)
 

おとなのけんか/メアリと魔女の花/宇宙人ポール

おとなのけんか』は2011年公開、ロマン・ポランスキー監督作品。もとは舞台演劇だったとか。二組の夫婦の「大人の喧嘩」を密室劇で淡々と描く。最初は紳士淑女の上品な応酬だったのが、だんだん過激になっていくのが見所か。個人的にはもっとはっちゃけて欲しかったという印象。阿部寛香川照之鈴木京香中谷美紀でリメイク希望。
メアリと魔女の花』はジブリの元スタッフ中心に集まったスタジオポノックの第一回作品。映像は素晴らしかった。主人公と物語の主軸が酷かった。一番許せなかったのは、主人公のメアリが友人を敵に「売る」シーン。かつ、その罰を作中で受けないままに終わること。見返すことはないだろう。
宇宙人ポール』は2010年公開、俗っぽい宇宙人ポールとオタクが旅するお話。シンプルであるがゆえに面白い。また、ポールの位置は他の何にでも置換できる。ぞくっぽいブッダでもキリストでも、なんでも。そこもまた魅力。(400字)

 

おとなのけんか (字幕版)
 

 

 

宇宙人ポール (字幕版)
 

 





打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?

 鑑賞前から酷評が聞こえていたが、甘く考えていた。DAOKOと米津玄師のテーマ曲は良かったし、予告篇は内容を期待させる出来映えだったから。
 本作は岩井俊二による1995年公開映画を、シャフト制作のアニメとしてリメイクしたもの。転校していく少女と見送る少年の、ひと夏のある日のお話。シャフトのアニメーションは好きだ。『まどマギ』も『化物語』も好きだ。瞳のドアップや極端な煽りなど工夫を凝らした演出と美しい作画が大好きだ。だからこそ言いたい。この作品では、シャフトの本領が発揮されていない、と。
 ではなぜ、面白くなかったのか。それはひとえに、ヒロインなずなの描き方の雑さに起因しているように思う。彼女はきちんと描かれておらず、情報不足過ぎて、ひとえに「?」の存在だった。その「?」に終劇までつきまとわれ振り払うことができなかったというのが、感想というか述懐である。これは……酷評されてもやむなし。合掌。(400字)