ヨンマルマル

四百字詰原稿用紙一枚分の雑記

彼女がその名を知らない鳥たち

 蒼井優がクズ女を演じ、相手役を阿部サダヲが務める。それだけで観たかった作品。
 期待は裏切られず。生臭くて温かい、腐臭がプンプン漂う映画だった。
 綺麗、美しい、カッコいい。他人に自慢できる何かに囲まれて生きていたい、などと考えるのが人間の性。けれど、綺羅綺羅なだけではいられない。だって私たちは、飲んで食って性交する糞袋だもの。かつ私たちは面倒臭い脳味噌のある生き物なので、物事が常に反転する。きれいはきたない、きたないはきれい。だとしたら、人を愛することは、きれいなことか、きたないことか……どっちなのか。本作は問うてくる。
 セックスシーンと食事のシーン、それぞれのバランスがみごと。中でも強く残るのは、かきあげうどんやすき焼きなど、日常的な食事シーンだ。朝井リョウがラジオで言っていた「食事をする光景を人に見せるのは、セックス見せるのより恥ずかしい」という言葉が、ようやく理解できた気がする。

 

 



 

勝手にふるえてろ

 宇多丸さんが絶賛していたので観ました。ので、ちょっとハードル上げ過ぎて鑑賞してしまったかも。原作は綿矢りさの小説。
 前半のイタさ前回妄想女の松岡茉優は最高。なんてものを見せられているのかと。凄まじいなこれはと。自分の汚物を柵のこちら側へ放り投げてくる、動物園のオランウータンのようで。イタい、イタい、汚い、やめて、イタい! となる。……しかし。
 自分は結局、松岡茉優演じるヨシカという女性が、現実と折り合いをつけてしまうオチが、どこか気に入らなかったのだと思う。それは映画自体の良し悪しとは関係なく、好みの問題。ただ、ヨシカにはマイウェイを突っ走って欲しかったのです、その先で破綻と破滅を迎えて欲しかったのです。だからなんというか、見終えて無念感が残りました。
 松岡茉優もさることながら、相手役の渡辺大知もとんでもなくイタいオランウータンだった。この2人の今後に期待したいのは、言うまでもなし。( 四〇〇字)

 

勝手にふるえてろ
 

 

 

ジーザス・クライスト・スーパースター

 10代前半の頃にテレビで放送していたのを見た記憶があった。しかし、観直してみたら全く内容を憶えていなくてびっくり。
 ジーザス・クライストとは何者か、彼は何を為したかったのか。この2つを問う作品。作中で回答が示されるわけではない。むしろ、こういう問いを持っているのだと示す作品であるというべきか。ともすると深淵&深刻になりがちな宗教的命題を、ロックミュージカルにすることで、シンプルで身近なものに再構成するという試みは素晴らしい(軽薄なものにしているわけではない)。かつ、欧米の人たちも、ジーザスの存在が自明で無謬のものではなく、むしろたくさんの問いかけをしたいと考えていることに、素朴な驚きを持った。併せて、宗教というのは物語の消費から生まれるものだということも、再認識。
 タイトルのスーパースターは、一種の皮肉なんだと思う。少なくとも劇中のジーザスは、スーパースターになれなかった男だったから。(四〇〇字)

 

 

 

レ・ミゼラブル

 母が『ああ無情』を好きだった。しかし、それがどのバージョンの『レ・ミゼラブル』なのか、もはや記憶が定かでない。今回は2012年版のミュージカル映画について。
 大革命後、19世紀のフランス・パリはこんなに貧しかったのか! という印象がエンディングまで続く。一部の登場人物を除いて、身なりはドロドロで髪はぼさぼさ(特にテナルディエの宿屋!)。でも、それだけ貧困が蔓延していたから、国王殺しの市民革命が成立したんだろうな。本作のジャン・バルジャンは超人なので、むしろ助演のジャベール警部やエポニーヌに目がいく。特にエポニーヌ! 両親のテナルディエ夫妻は悪人でクズだし、大好きなマリウスは振り向いてくれない上に鈍感無神経。なのに献身的な愛を尽くす彼女の姿と歌声は美しい。聞いた話だけれど、ジャベールがラストシーンに出てこないのは、自殺をしてしまったからだそうな。彼が救われないことに関しては一抹のもやもや。(四〇〇字)

 

九州・博多

 ヨンマルマルの更新をするのは、ほぼ半年振りになる。いったん、諸々リセットしようかとも考えたけれど、空白期間があるというのも1つのログではあるので、このまま続行。久々の更新は、いつもの映画や小説の感想ではなくて、先週出張で訪れた街の感想を。
 九州に行くのは3回目。博多は3年前の熊本出張の際に立ち寄ったが、ラーメン食うぐらいしかできなかった。今回は仕事の空き時間にプチ観光ができたので、リベンジを果たせたといって良いだろう。端的に良い街だと思う。東京はもとより、京阪神に比べても地方都市感は強いけれど、どこか「開けた」印象が強かった。外国人観光客が多いからだろうか。人通りも多過ぎず少な過ぎず。記憶に強く残ったのは、8年振りに再会した友人に連れられて行った筥崎宮元寇の際に書かれた「敵國降伏」という掲額のインパクトにやられた。歴史はただ残るものではない、遺す意志があって残るものだ。また、行きたい。(四〇〇字)

JAGAT

 カンボジア映画の『ダイヤモンド・アイランド』に続き、東京外大の上映イベントで観たマレーシア映画『JAGAT/世界の残酷』。1990年代初頭、マレー半島の貧しいタミル語コミュニティで育つ小学生の少年と彼の父母、そしてギャングになった叔父とジャンキーになった叔父を巡る、お話。
 マレーシアのことを詳しく知っているわけでは無いけれども、貧困と暴力と切実さから生まれる光景は、日本にもかつては(あるいは今も)容易に見られる光景だったのだろうなと、そんなことを考えながら観ていた。全く同じ主題を持った日本映画、探せば簡単に見つかる気がする。いや、アメリカ映画でも同様か。「原付に乗っている奴がつけている時計は高級には見えない」というギャングのボスのセリフと、マイノリティであるはずのタミル系の人たちが移民のバングラデシュ人を迫害するシーンには、共通した哀しみを感じた。弱いものは夕暮れ、さらに弱いものを叩く。(四〇〇字)

『世界の残酷 / JAGAT / BRUTAL』 予告編 Trailer - YouTube

アンチゴーヌ

 新年最初のエントリは観劇から。映画に比べてハードルが高いので敬遠しがちだったけれど、昨年、ただ「黒木華が生で観たい」というだけで行った『お勢登場』が滅法面白くミーハーな欲求も満たされたので、調子に乗って2度目へ。今回のお目当ては主演の蒼井優、そして生瀬勝久だ。
 ギリシャ悲劇をフランスの劇作家(ジャン・アヌイ)が翻案したもの、……を更に日本語訳してアレンジしたのが本作『アンチゴーヌ』。国禁に触れた王女アンチゴーヌ(蒼井優)と彼女を処刑せねばならなくなってしまったクレオン王(生瀬勝久)の、対峙と葛藤を描く物語だった。見所は兎にも角にも主演のふたり。特に蒼井優は、奔放さが熱を帯びることで静かな狂気へ変換される様がとても美しかった。加えて。コロスの一人が謳っていた「悲劇は観衆を裏切らない。何故なら悲劇は悲劇である以上、その悲しい結末を変えることが無いから」というセリフは心に深く突き刺さっている。(四〇〇字)

f:id:ECTOPISTES_MIGRATORIUS:20180115214324j:image