ヨンマルマル

四百字詰原稿用紙一枚分の雑記

ティファニーで朝食を

 ハッピーエンドにならなければ良いのに、後半になって少し、そう願ってしまった。ハッピーエンドになってしまうと、都会で生きる孤独な男女が結ばれる、ありふれた物語になってしまうから。
 ……などという個人的な見解がどうあれ、この作品は1960年代の華やかなニューヨークでのシティ・オブ・ライフの中で、虚無感を抱えながら生きる男と女が恋愛、というか偶然が咲かせた絆に救いを見出す物語、なのだろう。ただ、半世紀以上経ってから今更はじめて視聴する人間としては、もう少しだけ穿った見方をしてしまうというもので。
 主演のオードリー・ヘップバーンは美しい。20代の頃と比較して枯れた雰囲気も、役柄から来る擦れた空気も、プカプカと煙草をふかしては酒をかっ喰らうその姿も。美しいがゆえに、哀しくもあったし寂しくもあった。かつてこういう時代があり、それをある種の記録として見ることができる自分たちは幸福なのだろう、きっと。(400字)

 

 

 

 

Re:CREATORS 5〜12話

 1クールの後半相当を視聴。キャラ特性による死亡フラグというのはあるのだろうか。魔法少女まみかは「これ死ぬな」と暗い予想をしていたら本当に落命した。流血の表現が衝撃的。創作物の主人公たちも、現界した以上は、現界した先の物理法則に従うことになるようだ。なんらかの形で復活するのではないかと想像しつつも、それをやると何でもありになるので……。ただ心情的には再登場してほしいと願っている。だって彼女が主張していた「(魔法少女としての正しい責務を果たさねば)元の世界の人たちに顔向けできない」という言葉は、美しいものだから。
 一方で初登場以降、「バランスブレイカーなんじゃねえか」という危惧と共に圧倒的な存在感を示す築城院さん。彼女はロアナプラにいてもおかしくない。好きか嫌いかで言うと嫌いなキャラクターではあるが、軍服の姫君を除けば敵役らしい敵役の存在しない本作において、ヒールの真打ちとなるのか、どうか。(400字)

おんな城主直虎 第三十回「潰されざる者」

 今川が本気を出せばすぐにでも井伊を取り潰すことができるという、シンプルで残酷な現実。それが改めて明らかになった放送回。どうしても今川家っていうのは、桶狭間で負けた家という印象が強いので、色々言い掛かりをつけてきていても、実は大したことないのだろう、何とかなるのだろう……と思ってしまいがちだった。けれども実際問題、このとき駿河遠江を治めていた大名家は今川家であり、西の徳川、北の武田、東の北条、いずれの大名家とも渡り合い均衡を保ってきているのだ。井伊谷の小さな国人領主のひとりが抗ったところで、巨獣に刃向かう蟻に等しい。
 だからこそ、政次の悲愴な決意が、刃を抜かせたのだろう。もはや小細工の段階ではない。そもそも今川家自体が存亡の危機に晒されている、そういう時勢なのだから。そんな政次の姿と呼応するかのような、直虎の「今川の下より這い出るまで〜」「大死一番絶後再甦」のセリフが、特に印象に残った。(400字)

Re:CREATORS 1〜4話

 逆転生ファンタジーというか、逆召喚ファンタジーというか。創作世界の住人達が、創作者本人がいる世界=現代世界に現界することで起きる事件、騒動、トラブルが、4話までは描かれている。
 監督は『Fate/Zero』『アルドノア・ゼロ』のあおきえい。原作が『ブラックラグーン』の広江礼威。アニメーション制作は、アルドノアをエーワンと共同制作したTROYCA。勝ちに行く布陣だ。
 肝心の内容は……面白い。4話までは一気見。創作世界の住人が現代世界に現れることで、何が起きるのか(=どんな不都合が生じるのか)という「if」が、とても丁寧に描かれている。それはあおき監督がFateやアルノドアで描いていた「現実世界には存在しないものによって蹂躙される現実世界」に、もちろん通じている。かつ、創作世界の住人達が、彼ら彼女ら自身を描いている街頭広告との組み合わせで描かれるオープニングは、本当に素敵だ。ゾクゾクする。(400字)

タイタンの妖女

 登場人物の誰もが救われない、辛く寂しい物語として読んだ。いや、読んでしまったというべきか。
 本作には直線的に進むと考えられている時間軸の、どこにでも存在することができる男と犬と、その男に人生を翻弄される男と女が描かれる。三者三様に、救いがない。
 原書が執筆されたのは1959年。キューバ革命が起き、チベット蜂起が起き、ルナ2号が月に衝突した年だ。そして東京オリンピックの開催が決まった年でもある。戦争終結から14年。日本で言えば戦後復興が進んで世相がどんどん明るくなっていく、希望に満ちた時代だったはず。翻って戦勝国のアメリカでは、閉塞や停滞のムードが色濃かった……のか。この作品からは、人間という種族への深い深い絶望や諦観のメッセージしか読み解くことができなかった(人間への憎悪すら感じた)。
 さて、この本を「君にすごく良く合っている」と薦めてくれた元同僚は、一体どういうつもりだったのだろう……。(400字)

【附記】物語の最終盤に出てくるサロという名の機械生命が、よほど作中の他の人間よりも人間臭く描かれている気がする。これも一種の諧謔なのだろうか。

 

タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫SF)

タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫SF)